川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

偏差値70前後の高校から早慶上理MARCHへの一般合格率は?

 

高校名は明かせないが

 

なし子の通う高校は

 

偏差値70前後である。

 

単願なら66程度でも確約が出る。

 

さて

 

そんなレベルの高校から

 

早慶上理MARCHという難関大

 

一般入試での合格率はどの程度なのか。

 

内部データがあるので書いてみたい。

 

人数ではなく、%ね。

 

しかも

 

「現役合格率」

 

のみで。

 

在籍生が何人いて、

 

各大学に何人合格したか、ではなくて

 

 

実際にその大学を受けた子達の中で

 

何人が合格したかというデータ。

 

 

つまり

 

偏差値70程度の高校に行った後

 

難関大という壁は

 

どのくらいの確率で本当に突破できるのか

 

 

これは

 

かなり貴重なデータである。

 

 

 

早稲田  16%

 

慶應 13.9%

 

上智 23.6%

 

東京理科 17.5%

 

明治 30.1%

 

青山学院 13.9%

 

立教 27%

 

中央 25%

 

法政 20.7%

 

 

中学時代、北辰テストで70前後

 

 

進学校だから、毎日の授業は速く、深い。

 

定期考査も実力テストも難易度は高く

 

外部模試も積極的に受ける

 

進路ガイダンスや意識づけの強い環境や仕組みもある。

 

みんなで頑張って突破するぞ!

 

 

という雰囲気の高3

 

 

 

で、出願して受験

 

 

それで上記の合格率だ。

 

 

他の高校のデータは手に入らないが

 

 

おそらく同程度の偏差値帯の高校であれば

 

そう大きくは変わらないだろう。

 

 

これを高いと見るか、低いと見るか。