川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

トップ校の下位、という世界

ここ埼玉の場合、

 

各中学のトップ層は

 

浦和高校 

大宮高校 

浦和一女

川越高校

川越女子高

春日部高校

市立浦和高校

 

この辺りの高校に進学することが多い。

 

中学時代は校内敵なし

 

頭良いと言えば、誰?

 

と問われれば、必ず名前が挙がる。

 

 

そんな子達だろう。

 

 

しかし

 

 

高校進学後、その高校での順位争いは続く。

 

 

いくらトップ校と言っても、最下位層は

 

大学受験でもかなり下位の大学に進学する。

 

 

言い方はきついが、それが現実である。

 

 

さて

 

 

大学受験に関して、まだあまり実感のない人もいると思うので、

 

各大学群のレベルを

 

なんとなくまとめてみた。

 

東大・京大・国立医学科・・・上位1%以内

一橋・東京工業・他旧帝大・私立医学科・・・上位2%以内

地方上位国立・早慶・・・上位4%以内

地方中堅国立・上位公立・上智理科大・・・上位7%以内

地方下位国立・中堅公立・MARCH・関関同立・・・上位15%以内

底辺国立・下位公立・成蹊・成城・西南・南山等・・・上位22%以内

日東駒専産近甲龍・他同レベル私立・・・上位31%以内

下位私立(BF除く)・短大・・・50%以内

 

 

いろんなデータがあるが、

 

ほぼこんな感じだろう。

 

もちろん、学部学科によって違うけどね。

 

さて

 

戻ってトップ公立高校

 

偏差値は70前後ということを考えると、

 

生徒本人や保護者は

 

東大・京大・国立医学科・・・上位1%以内

一橋・東京工業・他旧帝大・私立医学科・・・上位2%以内

地方上位国立・早慶・・・上位4%以内

 

この辺りへの進学をイメージし、願うだろう。

 

しかし

 

いわゆる「大東亜帝国」という大学群

 

上記のランクでいうなら、「下位私立」というカテゴリーに属するレベルだが

 

それらの大学への合格実績を見ると

 

各トップ公立高校の「下位層」のレベルが垣間見えてくる。

  大東文化 東海 亜細亜 帝京 国士舘 合計
浦和 6 0 0 6 2 14
大宮 15 3 2 7 6 33
一女 5 1 0 8 3 17
川越 18 13 0 9 1 41
川越女子 42 4 2 11 3 62
春日部 12 25 1 9 2 49
市立浦和 15 13 1 7 4

40

 

 

これらの大学、別に悪いと言っているわけではない。

 

しかし

 

上記トップ校に進学した子やその保護者にとって

 

これらの大学を受験するレベルを

 

3年間の高校生活の成果として

 

決して望んでいるわけではない、ということは間違いないのだ。

 

 

これらの数字を見て、何を思うだろうか。

 

 

練習のために受験したのかもしれない?

 

いやいや

 

 

多くの生徒や保護者のイメージなら

 

練習とはいえ、受けることはないレベルなのではないだろうか。

 

 

それでも、それなりに合格者がいる、ということは

 

 

言うまでもない。

 

立派な「併願校」なのだ。

 

 

さて

 

トップ校に行くということ

 

 

それは

 

そのままトップランクの大学を目指すということに直結する。

 

 

しかし

 

 

現実として、上記のような数字がある。

 

 

 

何度も言うよ。

 

 

中学の時の順位や北辰、駿台偏差値など

 

 

クソの役にも立たない指標だからね。

 

 

 

先取りや貯金が大事なんじゃなくて

 

 

高校に入ってからも

 

キッチリ自分で勉強できること。

 

 

これが大事。

 

 

これだけが大事。