川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

親として、どう考えて、どう伝えていこうか

 

こんな感じの世の中

 

僕ら親は自分自身の経験にないよね。

 

成長し、努力し

 

これから進級、進学、卒業して

 

社会に出ていく我が子に

 

何をどう伝えていけばいいのだろうか。

 

自分に集められる情報には限りがあるし

 

自分の意図が必ず入る。

 

どれだけ客観的に!と心がけていても

 

それは無理なんだ。

 

子供に幸せになってもらいたい!

 

と願うなら尚更ね。

 

さらに新型コロナみたいな

 

全く予期しないもので

 

世の中がこんなにも

 

簡単に

 

しっちゃかめっちゃかになるだなんて。

 

親自身も初めての体験なのにさ

 

それを踏まえた上で

 

「あなたの未来はね…」

 

なんて

 

どう話そうかね。

 

 

大学が!学歴が!

 

と言っても、オンラインの学生生活はまだ何年も続くだろうし

 

そもそも日本の大学生が

 

これまで当たり前だと思っていたキャンパスライフ

 

大学側は、正直あれを壊したいと思ってるからね

 

日本の大学生が世界の大学生に比べて勉強しないのは

 

キャンパスライフがお祭り化してるのも

 

要因の一つってことは明白だし

 

講義は配信

 

課題はオンライン提出

 

ゼミ等だけは対面

 

きっと、こんな感じになるんじゃないかな。

 

そしたら、ますます淘汰されていく大学は増えるだろうから

 

とりあえず大学だけは!

 

という選択は

 

今後厳しくなるし、意味をなさなくなるかもね。

 

 

 

 

 

良い会社に!

 

という選択も

 

ほら

 

某航空会社は年収3割カットを全社員にお願いだっけ?

 

一瞬であんな状況になることを

 

現実に目の前で見てきてるわけだしさ。

 

 

 

 

公務員は安定?

 

いやいや

 

今回みたいな状況で一番大変だったのは公務員の人達だと思うよ。

 

 

 

 

一人勝ちなのは

 

情報通信系と大手スーパー?

 

 

 

さあ

 

どうする?

 

 

また以前のような世界に戻ると考えて、

 

これまでの経験と常識を柱にするか

 

 

もしくは

 

世界の常識や仕組みそのものが変わっていくと考えて、

 

新しい常識を柱にしていくか

 

 

 

そして

 

どうそれを子供に伝えるか。

 

 

 

 

んー

 

 

 

僕はね

 

 

 

 

これまでと何も変わらない。

 

 

世の中がどうのこうの、じゃなくて

 

 

 

やりたいことを

やりたいときに

やりたいように

 

楽しみながら

 

ワクワクしながら

 

やっていくさ。

 

 

だって、自分の人生なんて

 

たかだか数十年の話でしょ?

 

 

 

歴史上の偉大な人物だって、

 

教科書の一行程度でしょ?

 

 

だったら、僕らは

 

もっと「自分」を強く感じて

 

歩いて行っていいんだと

 

 

思うんだよね。