川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

大学受験生の親の心持ち

何だかんだゲラおのことを書いているが

 

実際、大学受験生の子供がいると

 

どんな心持ちになるのか。

 

ちょっとだけ書いてみる。

 

まず、志望校について。

 

やはり親としては、東大を頂点とする難関大に進学してもらいたいとは思う。

 

高1の頃から、チラチラとその名前は出してはきた。

 

でも、結果的に志望校は違う。

 

理由は「社会二科目は間に合わない」のだそう。

 

高校入試の時もそうだったが、

 

特に強烈な志望動機もなく受験を終えた。

 

大学入試でも、そういうスタンスは変わらない。

 

だから、それに関しては僕らは何も言わないけどね

 

あー、奥様は「一人暮らしするような遠くには行かないで欲しい」とは言ってるな。

 

浦高生は地方にもバンバン!ぶっ飛んで行くから笑

 

 

 

 

次に、現役か浪人か、について。

 

本人は「別にどっちでもいい」と言う。

 

普通に考えたら、絶対に現役で!って考えるんだろうけど

 

本人は極めて淡々と言う。

 

理由は

 

「勉強は嫌いじゃない。どうせ大学に行ってもやるんだし。」

 

だそうだ。

 

いつだったかな

 

この言葉を聞いてからは

 

僕の中から「絶対に現役で!」という気持ちがゼロになった。

 

こう書くと、ゲラおが凄いかしこいやつに思えるかもしれないが

 

化学とかは赤ちゃんだからね笑

 

要は、好きな科目だけやってるから、ってことね。

 

まあ、勉強って、そういうもんだよね。

 

あ、また無意味な目覚ましが鳴ってる笑

 

なんで起きないのに目覚ましセットするん?

 

 

まあ、あんな感じだからね

 

どこを目指してもいいし

 

浪人してもいいし

 

好きなように頑張れー

 

っていう心持ち。

 

 

小5から松江塾に入り、

 

「自学!!」

 

と言い続けてきた。

 

 

もちろん、僕ら夫婦の強烈なコントロールと強制力の下で、ね。

 

で、浦和高校というちょっと特殊な環境で磨かれ

 

強烈に賢い子達と切磋琢磨?傷の舐め合い?をして

 

今に至る。

 

ここまでくると

 

「あとは好きなようにすれば?」

 

となる。

 

いや、結果的にそうなった笑

 

参考になったかな

 

どうかな

 

あ、また目覚まし。

 

あれのせいで最近無駄に早起きさせられてるんだよね。