川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

シンプルに考えていく

 

難関大に進む者は、

 

高偏差値帯の高校に在籍し、そこで上位にいる。

 

高偏差値帯の高校に進む者は

 

各中学の上位にいる。

 

各中学の上位にいる者は

 

小学校でも「あの子は頭良いよね」と言われる存在であった。

 

小学校で「あの子頭良いよね」と言われる存在は、まず間違いなく家庭での学習時間が長く、多い。

 

つまり

 

小学生の時に頭が良いと言われる存在になっていることが、将来の難関大進学には必要な条件であり、

 

そのためには小学生の頃から学習時間と量を増やしていかないといけない。

 

その時の学習が

 

他者からの強制なのか

自分からの自発なのか

 

これによって同じ時間、同じ量をやっても結果には大きな大きな差が生まれる。

 

そうやって、「何が必要か」「どんな力なのか」をシンプルに考えて塾の仕組みを構築していく。

 

 

昨日頭が悪かった子が、今日から突然賢くなることはない。

 

今日賢い子は昨日も賢かったのだ。