川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

松江っ子達が取ってくるテストの点数

 

一つ前にも書いたが再度考えてみる。

 

例えば英語で

 

98点

 

という点数を取ってきた我が子。

 

この数字が何を意味しているか。

 

一般的な塾の場合、この数字には「塾のおかげ」が少なからず盛り込まれている。

 

テスト前の課題プリント

 

テスト前のワーク確認

 

テスト前の単語テスト

 

しかし、もうここ数年松江塾ではこの類のものは一切やっていない。

 

なぜなら、

 

高校生になってから強い子

 

になってもらいたいから。

 

高校生になってから、そんな手厚い対策なんて不可能(高校ごとに全てが違うから)だし

 

高校生になってからそんなフォローが必要な子は、どのみち勉強で勝負はできないはずだからね。

 

だから中学生のうちから

 

「まず自分でやってごらん」

 

というスタンスを貫く。

 

たとえその結果として

 

80点でも

70点でも

 

時には60点でも

 

 

まずは「それが君本来の能力だよ」というものをしっかり数字で見てもらうんだ。

 

練習や予選からずっと「追い風10メートル」の環境でやってて、いざ本戦会場は無風のスタジアムの中、なんてのを想像したら分かるかな?

 

追い風10メートルの環境で「10秒ちょうど」のタイムの子

 

そのタイムを自分本来の力だと過信してしまったら

 

この子にどんな結果が待っているか

 

想像するまでもないかな。

 

 

 

 

なるべく早い段階で、

 

「あ、無風なら12秒なんだ…」

 

ということを知った方が良いよね?

 

 

でも、多くの塾ではこのタイムを見せてくれない。

 

 

後ろから巨大扇風機で風を送り、

 

「ほら!うちの塾で頑張ったから11秒だよ!もう少しで10秒台出せるよ!」

 

そう言って、巨大扇風機の風力をさらに増す。

 

 

もちろんね、そうやって「その気」にさせることは一つの良い方法かもしれないよね。

 

追い風の中で走るのって楽だし気分良いし。

 

 

でも、数年後に同じ校舎で切磋琢磨するライバル達

 

その中でも上位に行く子達は常に「無風」の中で

 

いや、なんなら「あえての向かい風」の中で練習を積んできてるんだからね。

 

それが今、多くの松江っ子高校生達が各高校でトップ層にいる理由。

 

 

 

 

さあ

 

剥き出しの「自分本来の力」が見えただろう。

 

 

 

いかに自分が「やった気になってたか」が見えたね?

 

 

授業をしっかり目で聞く

理解する

教科書をしっかり読む

理解する

 

 

そういった基礎の基礎からしっかりとできるように

 

自分のこれまでを見つめ直すことから始めよう。