川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

転換期は「幼稚園」

 

幼児コースを始めてから、いろんなことの解像度が格段に上がってきたように感じる。

 

小1からプレが始まるが、

 

現実にはその段階でかなり差が開いていると痛感する。

 

読み書きができるできないとか

 

計算が云々、とか

 

そういうことではない「賢さ」の差が。

 

まだ言語化しにくいところもあるが、

 

一番大切なのは「観察」

 

とにかくその子の「今」を見続けることが大事なんだなと思う。

 

そしてその瞬間の蓄積を指導者と保護者が共有。

 

幼児コースの中で一番大事なのは、指導開始前の15分くらいを使った保護者との面談。

 

これを毎回やり、その中で「今週一週間、何か気づいたことはありますか?」

 

と聞いている。

 

このやりとりだけで、まず保護者の方の意識が激変する。

 

僕らに何か伝えなければならないわけで、そのために子供をしっかりと「見る」ようになるんだよね。

 

その場で思い出すことも大切。

 

僕らはそれをただただ聞くだけ。

 

でも、ほんとにそれだけで幼児コースの子達は短期間でグングン良い方向へと成長しいくんだ。

 

幼児コースは完全オーダーメイド制だから人数には限りがある。

 

すでに2年後の予約もいただいている状況だ。

 

でもこれだけは言える

 

「勉強ができるできないの差を生み出すのは、幼稚園期である可能性はかなり大きい」

 

多分、間違いないと思う。