川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

自立の練習

 

今年度も80名以上の新規入塾者の方がいる。

 

無料高校部も合わせると、400人近い塾生が在籍していることになり、

 

いよいよ大所帯になってきた感がある。

 

しかし

 

松江塾は先生2人だけの個人塾だ。

 

即断即決!すぐ行動!

 

というスタンスは今後も変わることはない。

 

何人かの保護者の方とやり取りをすると、必ず出てくるのが、

 

「自学力を身につけさせたい」

 

「自分で勉強できる子に」

 

という言葉である。

 

松江塾の考える自学力とは、

 

知的好奇心に基づいて自ら学ぶ力ではなく、

 

何か実現したいことや乗り越えなければならない目の前の壁に向かって

 

「よし!やるか!」

 

と、まずその重い腰を上げることができる力である。

 

その時に一番必要なのは、

 

やり方

 

ではなく

 

「自分の意志」

 

である。

 

意志あるところに道あり

 

まさにそれ。

 

その意志を芽吹かせるために必要なのは

 

言葉と環境

 

だと断言したい。

 

 

仕組みやノウハウは確かに言語化しやすいし、伝わりやすい。

 

しかし、もしそんなノウハウがあるのなら、

 

それを学んだ人達は例外なく学力的に突き抜けるはずなんだ。

 

分かりやすく言っちゃえば、その塾に通う子は全員東大や医学部に入る、みたいなことよね。

 

でも、現実にはそういうことは起きていない。

 

指導者と言われる人達がみんなみんなずーっと考えてきて、それでもそんな方法は見つかってないし

 

そうやって何かを構築した人たちもみんな同じことを言うよね

 

「結局は自分次第なんだよね」

 

って。

 

やっぱり大事なのは「自分」なんじゃないかな。

 

そんな「自分」を強くする練習を今日からスタート。

 

自分で頑張る力を磨くには、自分で頑張るしかないよね?

 

「これをやってごらん」

 

そう言ってしまった瞬間に、その子の自分力は大きく減退してしまう。

 

だから

 

「テスト勉強?知らんがな。自分で何やるべきか考えてやりなよ」

 

 

僕は塾生にそう伝える。