川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「私の頃は」は役に立たない

 

自分が大学受験をした人は、

 

その経験を我が子に伝えることが多いと思う。

 

成功も失敗も。

 

しかし

 

あれから数十年が経過し、すでに受験という仕組み自体が大きく変わっている。

 

当時、推薦入学が過半数を超えるなんて想像すらできなかったはずだし、

 

センター利用でバンバン合格できるなんて…

 

意味不明でしょ?

 

つまり

 

何もかもが変わってしまったのだ。

 

「でも、結局はテストで点を取れる実力があればいいんでしょ?」

 

と思うかもしれない。

 

それは確かにそう。

 

しかし、そう言い切れるのは本当に上位の上位の上位。

 

東京一工旧帝医学部の話ね。

 

その旧帝すら、推薦枠がじわりじわりと増えているわけだし。

 

そうなると、

 

「最後の帳尻を合わせれば間に合う。自分もそうだったから!」

 

という考え自体がもはや通用しないんだ。

 

まず、スタート前に通るルートを決めて

 

そこからの逆算で一歩ずつ進んでいくこと。

 

これがなによりも大事。

 

 

最短で行けるとかそういうことじゃなくて、

 

それを間違うと進むのが困難になるんじゃなくて、道自体がなくなるって話ね。