川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

なし子の大学受験本番の日

 

確かゲラおの時も書いたはずなので、なし子についても書いておかないと。

 

今日はなし子の大学入試本番の日だ。

 

「6時半に起こしてくれないと落ちるからね」

 

そう断言して昨夜は自室に入っていったなし子。

 

僕の夕食時には、なし子の入試の話題ばかりになった。

 

「明日のなし子最大のミッションは、作文の文字数を稼ぐこと!お題はこの2つに絞った!これ以外が出たら落ちる!」

 

そう言って、何度も練習したノートをビラビラと見せつける。

 

「面接は大丈夫なの?」

 

そう聞くと、

 

「学校で練習したし、困ったらこの笑顔で乗り切る!」

 

そう言って、お得意の「丸顔満面スマイル」を披露。

 

そうなのだ

 

我が天使の100%コピーのなし子

 

とにかく、笑顔がエグい武器であり、

 

なし子の今後の人生において、様々な困難はあの笑顔ひとつで乗り切っていくんじゃないか?と思う親バカ♫

 

いや、バカ親…笑

 

 

 

それにしても、指定校推薦の精神的楽さは凄い。

 

ゲラおが国立一般という、最もハードな受験だったから、

 

その落差にビビる。

 

まあ、高1の一発目の定期考査から実技科目も含めて気を抜けないし、

 

なし子の高校の場合は外部模試の偏差値もクリアーしていないと校内選考に漏れるという壁はあった。

 

学校自体は浦高ほどではないが「国公立に行くべし!」みたいな圧もあったしね。

 

でも、そういったものを含めても

 

見ている親側としては、その大変さは

 

 

国立一般 100

指定校推薦 10

 

くらいではないか。

 

こんなことを言うとなし子は怒るだろうけどね笑

 

昨夜は最後に

 

 

「やっぱり女子大に行って欲しかったなぁ…」

 

そう絞り出すように言ったが、

 

今さら何を言っても変わらないからね。

 

 

「パパ、見たでしょ?女子大のオーキャンの時の様子を!あの子達の中になし子が入って、馴染めると思う?無理っしょ!絶対に無理!」

 

語気を強めるなし子に、もはや父親として何も言えず笑

 

まあ、とにかく寝坊せずに起き(僕が起こす)、しっかり準備して頑張って行ってこい。