川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

書いたことは実現していく

 

長いこと僕のブログを読んでいる人なら、気づいているはず。

 

特に、塾の先生達は。

 

僕がこのブログに書くことは、ほぼ実現しているということを。

 

こうしていく!

こうなっていくだろう!

 

そんな感じで未来日記のように書くと

 

それは数ヶ月後、数年後に必ずと言っていいほど実現するのだ

 

 

何も自分が予言者だとか、そんなオカルトめいたことを書くつもりはないよ笑

 

 

何事も、言葉や文字にして発信すると、人はそれに向かって実現させようと努力する

 

その大切さのことを言ってるんだ。

 

それは、子育てでも仕事でも、自分の人生でも同じ。

 

僕は常々、「94歳になる前日に死ぬ」と書いているし、言っている。

 

先日も天使とその話になり、

 

「なんか、ゴーにゃんは本当にそこまで生きる気がする」

 

って言われたしね。

 

 

そうなると、本当に自分も周りも「そうなることが当然」と思うようになり、それは自然と行動に繋がっていくんだよ。

 

「当然ってことであれば、そうなるように普通に行動すればいいだけなのか♫」

 

って、当たり前に思うようになるんだよね。

 

 

それが顕著に現れたのが「塾名」だ。

 

いきなり年度の途中で、塾名を変えた松江塾♫笑

 

 

川高川女合格専門!爆裂松江塾!!

 

これね。

 

これまでの10数年の進学状況をまとめると、川高川女への進学者が最大派閥だからってことで変えてみた。

 

そしたら去年の子達…

 

浦和、旭丘

浦和一女、市立浦和、川越

川越女子、所北、五条

 

 

これらの高校に20人が進学したからね。

 

実に45.5%の進学率だ。

 

あの開成高校から東大への現役進学率って、どのくらいか知ってる?

 

約30%

 

だからね。

 

 

でも、普通に考えて「開成通ってます」っていう子が目の前にいたら、

 

「じゃあ、東大行くんだろうな」

 

って思うよね?

 

30%なのに。

 

 

それを松江塾は「45.5%」だからね?

 

 

塾名を変えるまで、卒業生に占める川高川女以上の高校(所北も含む)への進学率は

 

2012年 30.4%

2013年 29.4%

2014年 28.1%

2015年 23.5%

2016年 17.4%

2017年 23.5%

2018年 32.4%

2019年 21.6%

2020年 24.3%

 

となっている。

 

9年間で、在籍314名中82名が進学している。

 

平均進学率は26.1%

 

である。

 

入塾テストもないし、駅から遠く離れた一教室の個人塾としては、実はなかなか驚異的な数字だとも思うし、進学率で考えたらその辺の大手塾は軽く凌駕しているはずである。

 

 

 

それが2021年春、塾名を変えたら、

 

44名中20人が進学!である。

 

そして今年、現時点では40名中27名が上記高校を目指して頑張っている。

 

約70%だ。

 

もちろん、ここからの頑張りには個人差があるし、

 

川高川女を受けなさい!という指導もしてないから、私立に切り替える子達だっているだろう。

 

でも、大事なのは人数とか率じゃなくて

 

 

発信する言葉や文字、目にする文字を変えるだけで、人は大きく目標を持ち、それに向けて自然と行動できるってこと。

 

 

これだよね。

 

 

大事なことだと思うよ。