川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

直近3年間の進学先最大派閥はどこだ?

 

松江塾からここ3年間で進学していった生徒達の進学先をまとめてみた。

 

ここ10数年間は進学先の雰囲気はほぼ変わらないが、

 

それでも塾名を「川高川女合格専門!松江塾!」と変えてからは

 

少しずつ変化が出てきているように思うのだ。

 

オンライン化も加速してるしね。

 

 

まずは公立高校から。

 

赤い文字は学校選択問題(偏差値60以上)の高校

 

他県の場合は、それと同等以上ってこと。

 

公立 2020 2021 2022 合計
川越 2 6 5 13
川女 4 7 2 13
所北 3 2 2 7
所沢 2 1 2 5
和光国際   2 1 3
川越南 1   2 3
松山 2 1   3
市立川越 1 1 1 3
浦和 1 1   2
浦和一女 1 1   2
市浦 1 1   2
坂戸     2 2
川越総合     2 2
大宮 1     1
旭丘   1   1
千葉 1     1
郡山 1     1
浦和西     1 1
五条   1   1
松女   1   1
所沢中央     1 1
坂戸西     1 1
狭山経済     1 1
合計 21 26 23 70

 

公立高校の進学した生徒70名のうち、川高川女以上のレベルは35名。

 

つまり半数が地域トップ公立高校に進学!

 

川高川女は26名!

 

 

次に私立

 

私立 2020 2021 2022 合計
星野 7 9 4 20
川越東 2 2 3 7
山村学園 1 3   4
城西川越 2   2 4
淑徳与野 2   1 3
秋草   1 1 2
豊島学院 1 1   2
栄東 1   1 2
慶應女子 1     1
早稲田 1     1
創価   1   1
狭山ヶ丘   1   1
城北埼玉     1 1
淑徳巣鴨 1     1
大宮開成     1 1
合計 19 18 14 51

 

やはり、星野と川越東が多い!よね。

 

 

 

さて、どうだろうか。

 

今年以降のこの傾向は続くか、もしくはもっと上位層が分厚くなっている感じがある。

 

塾選びの参考にしていただきたい。