川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

小1では無理?いやいや

 

プレの音読課題は日々進化している。

 

今週は「ことわざ」の第二弾だ。

 

↓  ↓  ↓

 

一寸先は闇…将来のことは、ちょっとさきのことでも全くわからないということ。

 

一寸の虫にも五分の魂…小さくて弱い者にも相応の意地があるのだから、どんな相手であってもあなどってはいけない、ということ。

 

言わぬが花…口に出して言わない方が、味があるということ。また口に出すと差し障るので言わないほうがいい。

 

 

 

 

こんな感じで20個のことわざと意味を全て音読。

 

7日間連続

 

あのルールで。

 

 

プレは小1から小3まで、そろそろ50名という数字が見えてくるくらいの在籍。

 

 

特に教育意識の高いな、と感じる保護者の方々からは、この音読課題への評価と期待がめちゃくちゃ高い。

 

語彙の大切さをしっかり分かってるってことだよね。

 

今回の課題には

 

将来

相応の

意地

あなどってはいけない

差し障る

好意

応じる

対応

思わぬ偶然

誘い

導かれる

家柄

環境

人間性

影響

実現

盗み

順調

物事

真似る

身の程をわきまえず

忠告

平凡な

意外

恨みを晴らす

元手

努力

利益

思い上がる

振る舞う

勢力

衰える

滅びる

存在

 

こういう語彙が入っている。

 

ふりがなつきではあるが、漢字もそのままに。

 

 

 

松江塾のプレっ子達は、こういうレベルの音読を毎日するのだ。

 

 

5年後、10年後、とんでもないことになることは

 

簡単に想像できるのである。