川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

親の葛藤

 

自分で頑張る力を身に付けさせたいが

 

時間はどんどん過ぎていく。

 

このままでは「間に合わない」と考えて

 

あれこれ手を出してしまう。

 

 

 

ここで問う。

 

「間に合わない」とは、

 

何に間に合わないのだろう。

 

 

仮に高校入試だとして

 

あれこれ手を出すことによって子供が自ら頑張る力を身につけられないどころか

 

「いざとなれば親に頼る」

 

という依存心ばかり育て、

 

そして

 

「自分で頑張らない」

 

という行動を反復して

 

それで希望の高校に進学。

 

 

さて

 

 

それで「間に合った」のだろうか。

 

 

 

僕のところには全国からそういうお悩み相談メールが来る。

 

 

「トップ高で下位にいる」

 

 

という子達とその親。

 

 

これまでの経過を聞いてみると

 

大体似たり寄ったり、である。

 

 

 

親が最大限に手を出してきて

 

それでトップ高に合格

 

しかし

 

「トップ高に受かる学力は身につけたのだから、あとは自分でできると思った」

 

 

「しかし、何をやったらいいのか分からないと言われ愕然とした」

 

 

こんな感じでスタートし、

 

そして

 

「なんとかここから浮上する方法はありませんか?」

 

となり、親がそれをやろうとする。

 

 

僕は

 

「手を離して完全に一人で試行錯誤させてください」

 

と言っても聞いてくれない…。

 

 

きっと、高校入試までの成功体験が忘れられないんだろうね。

 

 

さて

 

こういう感じのお悩みに対応してきた僕から

 

もう一度問いたい。

 

 

 

「何に間に合わないのですか?」