川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

毎日剛太郎11

中3生


埼玉は倍率が出た。

 

毎年倍率が出ると一喜一憂する者がいる。

 

高ければ受かりにくいと思い

 

低ければ受かりやすいと思うのだろう。


特に高倍率にビビっている子達

 

よく考え欲しい。

 

倍率がどうなろうと

 

合格者の人数は変わらないのだ。 

 

なんてことはない。

 

よーいドン!

 

で走り始め、定員ギリギリの人数以内の順位でゴールすれば合格なのだ。

 


今年はコロナの影響からか、私立の基準がだいぶ甘かったと聞いている。

 

つまり

 

本来受かるはずもなかった高いレベルの私立を抑えられた子が

 

仮に公立に落ちても、満足な私立がある!

 

という気持ちでチャレンジしている層が少なからずいるのだろう。 

 

君達はそんなことに惑わされず

 

ただただ愚直に進むしかない。

 

倍率が2倍だろうが5倍だろうが10倍だろうが

 

入試当日に志望校に行き、問題を解くことに変わりはない。

 

その問題が解けさえすればいいんだ。

 

そこからの逆算で

 

まだまだやらなければならないことはあるはずだ。

 

理社、必ず9割超えるだけの知識は入っているのか?