川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

所沢北「1.11倍」!何が起きてる?

何とまあ、驚いた。

 

今年の所沢北(普通科)の倍率が

 

まさかまさかの

 

1.11倍!!

 

である。

 

ちなみに、去年は1.55倍である。

 

いきなりの倍率下落

 

これは何が起きているのか。

 

まず言えるのが

 

「私立に流れた」

 

これだろう。

 

私立人気の背景には、混迷する大学入試制度にある。

 

一般入試は定員厳格化が継続し

 

実力よりも遥かに低いところしか受からなくなっている。

 

さらにセンター試験から大学入学共通テストへの移行。

 

これに関しては、直前で実行予定のものがなくなったりと、

 

とにかく「混迷」「先行き不透明」でしかない。

 

そんな中、大宮開成等の急成長している私学があり

 

さらに川越やさいたま市には、指定校推薦枠の多い私学もある。

 

所沢北を受験する学力層の子達にとっては、

 

大学進学の観点から、「私学のほうに魅力を感じる」子達が多いのだろう。

 

ただ、ここで気をつけたいのは

 

倍率が下がったから、受かりやすくなった!

 

と考えるのはダメだ。

 

所沢北に進学し、そのまま希望の大学へと突き進める「自信」が持てない層が

 

結果的に私立に流れたと考えるのが妥当だろう。

 

ということは、抜けた層は

 

最初から受かる見込みの少ない子達

 

だと思っていい。

 

 

 

なんだろね

 

前から言ってるが

 

一般が厳しいから、指定校推薦を狙うって考え方

 

 

あるよね?

 

 

今回所沢北から私学単願に変えた子達

 

その中にも、少なからずいるはずなんだよ。

 

 

でもさ

 

指定校推薦で望むような大学に進学できる子は

 

なんだかんだで一般受験でもいける子がほとんどだからね?

 

 

それを忘れちゃいけないよ。

 

 

ということで、

 

 

最後は話が逸れたね。

 

 

 

倍率は関係ないよっ!!

 

 

って言ってるけど

 

 

流石に下がりすぎたので書いてみた。