川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

今、中3に話したこと

今日の一コマ目は、中3の文系。

 

と言っても、完全自学。

 

この時期、すでに自走できない子は

 

高校のスタートからの自走は難しい。

 

今僕の目の前にいる約40人は

 

レベルの差こそあれ、自分でやることを決め、

 

自分で頑張っている。

 

左を見る

 

学年1位の子だ。

 

数学をやっているね。

 

その向こうにも偏差値70超えの子がいて

 

その子は社会だね。

 

公民の教科書を読んで、問題を解いているね。

 

右斜め前の子

 

この子は今回初めて学年1位を取った子だ。

 

数学だね。

 

相似かな?

 

その隣の子も学年1桁常連。

 

数学だね。

 

塾のテキスト使ってる。

 

その隣の子も学年1位常連。

 

英語をやってるみたいだね。学校のワークのようだ。

 

その隣の子、学年1位経験者だね。

 

電話帳の英語をやってるね。

 

すでに授業時間は15分ほど進んでいる。

 

授業開始時に

 

大事なことを2つ話した。

 

今の時期に大事なことが一つ。

 

そして

 

高校生になってから大事になることが一つ。

 

その二つはガッツリ繋がってるんだよね。

 

 

 

中学生の勉強は、

 

教科書を読んでも授業を聞いても

 

8割はすぐに理解できる内容だ。

 

それを反復しながら、残り2割を理解できるよう頑張る。

 

 

 

しかし

 

高校生になると

 

その割合が逆転する。

 

 

つまり、

 

2割はすぐに理解できるが、残りの8割は「は?」という内容ばかり 。

 

大袈裟じゃないからね。

 

 

その高校の勉強を乗り越えていくには、今、何をすべきなのか。

 

簡単に言うと、そんな感じね。

 

 

 

隣の部屋には

 

川高上位陣が頑張ってるよ。