川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

トップ公立高校、上位何%に入れば国公立、早慶上理に現役で進学できるのか

 

調べてみた。

 

浦和高校

大宮高校

浦和第一女子高校

市立浦和高校

川越高校

川越女子高

 

松江塾の子達が狙うトップ公立高校から

 

現役で国公立大学、早稲田、慶應上智東京理科大

 

ここに「現役」で「進学」した人数

 

それと卒業生数から

 

その高校で上位何%に入れば、現役進学の可能性が高いのかを。

 

ただし、国公立大学にも難易度に差はあるので、

 

完璧なデータではないが

 

目安にはなるだろう。

 

希望の公立高校に合格!

 

それは一つの節目だし、達成感を感じるだろう。

 

そして当然、その先への確信めいたものも感じるはずだ。

 

でも、

 

そこには

 

揺るがない現実

 

が存在する。

 

トップ公立高校に合格進学した者ならば

 

ほぼ例外なく国公立大や早慶上理

 

自分なら行けるだろう

 

我が子なら行けるんだろう

 

そう思うのも当然。

 

でも

 

当たり前だが

 

その希望や予測を実現させるためには

 

明確な目標を持って、しっかりと頑張り抜かなければならないのだ。

 

 

さあ

 

それでは

 

 

データをお見せしよう。

 

 

これから進学する者

 

すでに在籍している者

 

その保護者

 

しっかりと目に焼き付けてもらいたい。

 

 

ちなみにデータは各高校のホームページと

 

朝日新聞調べのデータ

 

www.asahi.com

 

からである。

 

 

 

  卒業生 国公立 早稲田 慶應 上智 東京理科 合計 割合
大宮 410 164 39 18 6 8 235 40.0
浦和 363 128 11 10 2 0 151 35.3
川越 363 115 28 9 2 7 161 31.7
市浦 320 93 26 1 4 8 132 29.1
一女 401 115 27 10 5 5 162 28.7
川越女子 363 91 27 3 5 1 127 25.1

 

大宮であれば、上位40%

浦和であれば、上位35%

川越であれば、上位32%

市立浦和であれば、上位29%

浦和一女であれば、上位29%

川越女子であれば、上位25%

 

この位置にいれば、

 

君は

 

あなたの子供は

 

現役で

 

国公立大学

早稲田大学

慶応義塾大学

上智大学

東京理科大学

 

に進学できる!

 

 

ということである。

 

 

どうだろうか。

 

 

合格おめでとう!君はやっぱり賢いんだね!よくやった!大成功だ!

 

 

高校受験が終わって数ヶ月後には

 

定期考査や校内実力テストがやってくる。

 

 

そこで明確になる「位置」

 

 

そこで目にする現実。

 

 

その先の可能性

 

 

入ってからが大事

 

 

まさにそれ

 

 

それなそれそれ

 

 

 

なのである。

 

 

 

※補足

 

上記高校の場合

 

現役で東大等の公立大学だけを受け、

 

残念ながら不合格になり浪人を選択する子達が

 

上位層にかなりの人数いることは

 

知っておいて欲しい。

 

特に浪人覚悟!という色が濃いのは男子高。

 

そういう上位層、

 

浦和や川高の場合は2割くらいはいるイメージだ。

 

共学でも1割くらいいるだろうか。

 

そのあたりは頭の片隅に。