川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

合格者数と進学者数を見極めよう

 

高校選びの一つの指標として、「大学合格実績」というものがある。

 

というか最大の柱と言ってもいいんじゃないかな?

 

最たるものは「東大合格者数ランキング」だよね。

 

国公立大学の場合は

 

合格者数=進学者数

 

と言ってもいいけど、

 

私立大学は一人で何校も受験できるし、滑り止めとして受ける子も多い。

 

だから単純に

 

「この高校に入れれば最低でもこの大学には!!」

 

とは考えられないよね。

 

ということで、埼玉県公立御三家

 

浦和高校

大宮高校

浦和一女

 

この3校について、難関私立大学の合格者と進学者数を調べてみたよ。

 

この数字は現役生と浪人生を合わせた数字になっていることは注意ね。

 

 

では

 

浦和 合格者 進学者
早稲田 120 40 33.3
慶應 90 26 28.9
上智 29 3 10.3
東京理科 149 14 9.4
明治 161 10 6.2
立教 27 1 3.7
青山学院 14 3 21.4
中央 65 4 6.2
法政 58 5 8.6
713 106 14.9

 

大宮 合格者 進学者
早稲田 108 42 38.9
慶應 65 21 32.3
上智 28 4 14.3
東京理科 156 15 9.6
明治 160 26 16.3
立教 57 4 7.0
青山学院 28 5 17.9
中央 90 10 11.1
法政 90 5 5.6
782 132 16.9

 

浦和一女 合格者 進学者
早稲田 42 19 45.2
慶應 15 10 66.7
上智 37 7 18.9
東京理科 36 5 13.9
明治 100 17 17.0
立教 101 17 16.8
青山学院 22 7 31.8
中央 44 8 18.2
法政 37 10 27.0
434 100 23.0

 

 

どうだろうか。

 

浦和と大宮に比べると浦和一女はそもそも合格実績が若干弱い。

 

だから数字の雰囲気は少し違うものの、それでも大体平均すると

 

合格者数の2割程度しか実際には進学していない

 

ということが分かるだろう。

 

 

 

 

高校選びの一つの指標にしてもらいたい。