川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

こじらせ系男子中学生の取説

親が問う。

 

「悔しくないの?」

 

子は答える。

 

「別に悔しくないし」

 

 

 

親が問う。

 

「高校どうするの?」

 

子は答える。

 

「別にどこでもいい」

 

 

 

 

親が問う。

 

「このままだとヤバイよ?」

 

子は答える。

 

「別にどうでもよくね?」

 

 

 

 

はい、でた

 

こじらせ系男子中学生

 

 

 

 

親の言うことは響かない。

 

 

自分にとって気持ちの良い会話

 

自分にとって都合の良い会話

 

 

それは受け入れるが

 

 

自分が追い込まれる気配のする会話

 

自分にとって都合の悪い会話

 

 

これは受け入れない。

 

気配を感じた瞬間にレーダーで感知され、拒絶される。

 

 

 

 

現高1に「元こじらせ系男子」がいる。

 

中3で入塾。

 

学力は上位。

 

何なら、超上位も目指せる位置。

 

 

 

お姉ちゃんが松江っ子だから、お母さんからどういう子なのかも聞いていた。

 

 

 

こじらせ系男子の気配を感じたから

 

入塾後に面談。

 

 

こういう場合、面談の内容はお決まりパターンである。

 

 

 

「川高はもちろん、浦和も目指せるよ?」

 

「はあ・・・。」

 

「どうせなら上を目指したいと思わない?」

 

「いえ、別に思いません」

 

「だって、自分がどこまで上がれるか試してみたくない?」

 

「別に・・・」

 

「上位校なら難関大を目指す子たちが多いから、自分もその道を進める可能性、高いよ?」

 

「別に難関大は目指してません」」

 

「だって、将来いろいろお得だし、楽しいよ?」

 

「あまり魅力を感じません」

 

 

 

 

どう?

 

 

こじらせてるでしょ・・・♪

 

 

 

こういう子は、大体幼少期からガチガチと勉強をさせられているパターンが多い。

 

特にお母さんの努力で。

 

 

その努力の中で、価値観の刷り込みも行われる。

 

 

しかし、その刷り込み

 

 

お母さんは子の将来を思うが故に、

 

 

ちょっとバランスを欠いたんだろうね。

 

 

要は、やり過ぎたってこと。

 

 

手を離すタイミングが遅かったんだよ。

 

 

 

学力はある程度高いが、親がウザくてウザくて仕方がない男子。

 

 

だから母親のウザい言葉は全てシャットアウト。

 

 

母親の望むことの真逆を望んでいるかのような発言。

 

 

まあ、子の甘えもあるんだけどね。

 

 

 

こじらせ系男子は、つまるところ、こじらせ系母親が原因。

 

 

 

真剣であるが故

 

子どもが大切だから故

 

 

だからこそのこじらせ系。

 

 

 

で、現高1のこじらせ君はどうなったか。

 

 

 

結果的に、北辰テストでは埼玉県一桁順位。

 

 

 

入塾後は全部学年一位。

 

 

 

断トツの成績で川高進学。

 

 

 

今も高校部の奥の部屋の一番奥の席で

 

 

固定されたように勉強している。

 

 

3年後は東大生として、いろいろとお手伝いをしてくれるはずだ♪

 

 

 

中学時代、彼に何が起きたのか。

 

 

 

 

 

単純な話だ。

 

 

僕がこじらせ系男子を矯正するときは

 

 

いつも同じ手法を使う。

 

 

 

 

歴代のこじらせ系男子は

 

 

みな須く劇的に改善した。

 

 

 

 

本人は矯正された、なんて自覚はないんだろうけどね笑

 

 

 

 

でも、初対面の時のこじらせっぷりを見ると

 

 

僕は嬉しくなるんだよね。

 

 

 

かわいいのさ♪