川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

上位者は集団か個別か

爆裂個人塾長会議

 

もにょもにょとメンバーが増えていて

 

今すでに「62人」になっている。

 

そのほとんどが僕のこのブログ経由で集まってきてくれているわけだが

 

一晩スマホを放置すると

 

LINEの未読が「800」とかになる笑

 

昨夜は深夜3時過ぎまで

 

神奈川県の入試問題、数学の問題の「解説にない解法」について

 

激論が繰り広げられていた。

 

そんなこんなしてると、朝4時に

 

「おはよーございます」

 

と、超朝型タイプの塾長達が目覚める。

 

今のハワイに旅行に行ってる先生も参戦してるし笑

 

もうね、とにかく凄いんだよ。

 

まあ、僕はそれを朝起きてから全部読むんだけどね。

 

話が題名と関係ないね笑

 

さて

 

そんな全国の塾長と接していると

 

「上位者」と「下位者」がどの塾にいるのか

 

というのがよく見える。

 

 

あのね

 

上位者はね

 

「超大手塾の最上位クラス」

 

「尖りまくった集団授業タイプの個人塾」

 

「凄腕の塾長が1人で敏腕振るいまくる個別指導塾」

 

ここにいる。

 

共通してるのは

 

「超競争環境」

 

もしくは

 

「常軌を逸した自学時間の長さ」

 

という環境

 

 

これだ。

 

 

逆に下位者は

 

「超大手塾の下位クラス」

 

「緩い集団授業タイプの個人塾」

 

「大学生がわちゃわちゃいる個別指導塾」

 

 

にいる。

 

 

共通しているのは

 

「生徒個々の能力に合わせた指導」

 

「寄り添った指導を前面に出している」

 

ということ。

 

 

これは本当に議論が沸騰するテーマ。

 

 

 

上がらない

 

労力に見合わない

 

講師が疲弊する

 

 

 

いろんな意見が出るよね。

 

 

正解なんて、ないのかもしれないけど

 

 

現実、目の前には

 

 

こんな現実があるんだよ。

 

 

じゃあ、

 

 

我が子、どこに通わせる?