川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

家族仲良しで楽しい

今日、僕と奥様は東京スカイツリーの下にあるすみだ水族館へ行ってきた。

 

水族館好きな僕らは、なんと年間パスポートを持っているのだ!

 

すみだ水族館の年間パスポートは、2回分の入場料と同額。

 

めっちゃお得でしょ?

 

しかも、館内のコーヒーが100円で買えるようになるし。

 

ドライブの距離としても、ちょうどいいんだよね。川越から首都高使えば40分くらいかな?

 

ということで、娘が部活に行き、息子は塾に行ったのを見届けて早速出発。

 

東京ソラマチをブラリとして、6時に帰宅。その後は犬の散歩にいってきた。

 

娘は部活の後、先日引退した先輩達と一緒に打ち上げで食べ放題を満喫。

 

犬や散歩を終えた僕らは息子に連絡をして、マインの3階にあるバーミアンで合流(超地元ネタ笑)

 

くだらない話をしながら、キャッキャと夕飯。

 

その後娘も大宮から川越に到着し、4人が合流。

 

車の中でこれまたくだらない会話で盛り上がりながら帰宅。

 

その後はなぜか全員で筋トレ大会が始まり、笑いすぎて腹筋崩壊。

 

そして娘と息子は勉強タイムに突入。

 

それが今この瞬間ね。

 

子供が2人とも高校生になり、家族の仲がますます良くなってきて毎日が楽しい。

 

息子は大学受験生だが、正直どこに行こうが構わない。

 

目標は高いが、落ちて私立に行くもよし。浪人するもよし。本人の好きなようにやればいい。どうしても希望を叶えたいのなら何浪したっていいよ笑

 

娘はテスト前こそ尻を引っ叩きながら勉強させるが

 

鋼のメンタルの持ち主なので、

 

どういう道を進もうが、立派に専業主婦になる!という夢を叶えるだろう。

 

今、子供が小学生や中学生だという保護者の方。

 

やはり何かしら「確定」しない宙ぶらりんな状況は不安なんだと思う。

 

これね、

 

多くの保護者が勘違いしてるんだけど

 

「大学附属に入れたら安心」

 

って思うでしょ?

 

全然違うらしいよ。

 

やっぱり、学部ヒエラルキーっていうのがあるからね。

 

結局は戦いなんだよ。

 

同じ学校の子は仲間じゃなくて、敵になることもあるんだってさ。

 

まあ、ちょっと想像すれば分かると思うけどさ。

 

でもね

 

子供が高校生になると

 

ある程度、「きっとこういう大人になっていくんだろうな」っていうのが見えてくるんだよ。

 

数年先の「自立」の核が出来上がってきてるのがね、親だからこそ、うっすら見えてくるんだよ。

 

でね

 

大体そういう心配を抱えながら子育てをしてきた場合

 

子供は親の想定よりも良い感じの道を歩くんだよね。

 

それだけ、目も手もかけてきたんだから

 

心配する必要、なかったなって

 

そう思えるようになるから。

 

怒っても

 

叱っても

 

喧嘩しても

 

親は子供のことを見て

 

子供のことを思って

 

どんなにウザがられてもいいから

 

子供の周りをブンブン飛び回ってるのが

 

結果的には良い状況を作るよ。

 

間違いないよ。