川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

川越にある松江塾!代表真島による何でもブログ!

【今ここ】自分が落ちこぼれた経験から考えてみる

 

僕は高校時代、数学で落ちこぼれた。

 

ど底辺だった。

 

そもそも私立大文系進学と決めて高校生活をスタートさせたというのもあるが

 

まさか中学時代の自分の位置から考えて

 

そんなそんな、多少苦手とはいえど底辺になるなんて

 

想像もしていなかった。

 

高1の2学期にはほぼ何も分からなくなり、ベクトル?行列?はぁ?

 

みたいなところまで行った。

 

学んだ記憶すら、もはや何もない笑

 

 

最初に書いたように、結果的に何もネガティブな影響はなかったのだが

 

このうっすら覚えている落ちこぼれ経験から、今勉強ができなくて困っている中学生、高校先に向けて何か伝えられたら良い。

 

 

 

 

僕が数学で躓いた一番最初は

 

式の展開、3乗の計算だった。

 

公式を覚えなかったのである。

 

 

もともと計算スピードに自信があったため、公式で考えるのではなく計算をした高1の真島。

 

 

2乗の公式は中学時代に覚えていたので、それにもう一回計算すればいいだけ

 

 

余裕余裕🎵

 

なーんて乗り越えた気分になり、そのまま先に。

 

そこで待っていたのが

 

 

因数分解

 

 

 

 

 

 

 

「これは公式通りの形だよね」

 

 

なんていう先生の言葉にヤバさを感じつつも、

 

その先生が元予備校教師という数学強者で、

 

「君たちが作った式、どんなものでも1分以内に因数分解できる!」

 

と生徒に挑戦状を突きつけるという面白い授業をしたんだよ。

 

沸き立つ男子40人!

 

無茶苦茶な式を展開して、先生に提示。

 

生徒が黒板に式を書く時、先生は後ろを見ていて

 

チョークの音を聞いて

 

「おいおい、なげーよ笑」

 

とか言いながら待つ。

 

 

生徒が書き終わったら先を見て

 

 

「うーん…、うん!」

 

 

と言って、本当に1分かからずに正解を出すという神授業!

 

 

面白かったよね

 

 

本当ならこれで数学好きになりそうだよね?

 

 

でも僕はもうその時には

 

 

「なんだか分かんないけど、すげー!」

 

という領域から見てるお客さんになってたんだよね笑

 

 

自分の中に、解くために必要な「知識の核」を待てなかった

 

いや

 

自らの怠け心で持たなかったんだ。

 

 

さあ、ここから何が言いたいか。

 

 

 

勉強ができなくなる原因

 

それは

 

難しい問題にぶつかった時じゃないんだ。

 

 

 

一番最初からもう、できなくなる道を歩いてた

 

 

 

ってこと。

 

「公式は必ず覚えろよ」

 

 

という先達の言葉を聞かず

 

 

「別にこれでもいいんじゃね?」

 

 

という素人判断。

 

 

たったこれだけ。

 

 

 

全ての教科に通じる、勉強ができなくなる最高のマニュアルだと思うよ。