川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

もはや地域格差とか関係ない時代だ

 

うむ

 

トイレで目が覚め、ふとスマホを見たら

 

深夜1時台に数件のメールが入っていた。

 

ここ最近の日常である。

 

東北と九州、それと首都圏から数件。

 

地域格差

 

というワードが目に飛び込んできた。

 

確かに3年以上前、コロナが世界を襲う前は

 

学力や学歴の地域間格差は存在していただろう。

 

これだけ世界はネットで繋がり、情報でと具体物でも指先一つでどうにでも手に入るのに、

 

なぜ学力や学歴には地域間格差があったのか。

 

今になって考えてみれば不思議なことである。

 

 

 

コロナ禍

 

 

世界を変えた

 

そして

 

日本を変えた

 

 

特に教育に関しては、その「選択肢」を大きく変えたと言っていいだろう。

 

 

勉強は本来、「指導者と自分との繋がり」の中にある。

 

元来、「書物と自分」との間でも成立していたものであり、

 

そこには「空間」「場所」というものは大して大きな要因ではなかったはずなのである。

 

と、そんなことを書いていたら、中3の早朝自学がスタートしたようだ。

 

日曜日の朝5時に、だ。

 

教育業界のオンライン化は

 

当たり前のように当たり前を大きく変えた。

 

 

その子がふと書店で参考書や問題集を手に取り、瞬間的にそれに没入して立ち読みをするように

 

今は自宅でデバイスと指先一つで欲しかった「環境」「仕組み」、さらには「指導者」「仲間」まで手にすることができるのだ。

 

凄い時代である。

 

 

ただし、

 

 

ここでもまた「格差」は生まれた。

 

 

 

それは

 

 

「それを知る者と知らない者」

 

 

との格差であり、

 

 

「それを受け入れる者と受け入れない者」

 

 

との格差である。

 

 

 

ついに、小3小2小1向けの納豆英文法準備講座へのお申し込みが100名を超えた。

 

対面希望者が30人弱なのに対し、圧倒的にオンラインでの受講希望が多い。

 

ほぼ47都道府県を網羅しそうな状態である。

 

 

日本中から川越の小さな塾に集まる。

 

 

その子達はその時間で

 

 

「知」に関する大切な土台を手にし、英語に関しても「え?それで英語は大丈夫なんだ!」という枠組みを手にする。

 

 

どこに住んでいようと関係なく、である。

 

 

僕が約30年間、川越という小さな都市で生徒達と創り上げてきたものは

 

きっと「教育格差」なんてものをぶち壊していくはず。

 

 

そんなことを考えながら

 

 

僕は二度寝に突入する…

 

 

 

 

 

 

ことなんて無理だ笑

 

 

 

 

 

もう頭は動き出してしまった笑