川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

初見英単語と格闘「できる」小4達

 

納豆フォニックス動画を見た人達なら分かるだろう。

 

この題名の意味が。

 

 

realize

 

 

ホワイトボードに書かれたこの単語

 

英語を学び始めて半年ちょっとの小4達が

 

この単語を前にして、

 

分かる

分からない

知ってる

知らない

 

 

ではなく、「考える」のである。

 

 

英語は確かに英単語の暗記が必要。

 

しかし、

 

松江塾の子達が進んでいく学びのルートなら

 

その覚えるための労力が格段に減る。

 

 

なぜなら、「考える」ことが可能だからだ。

 

 

何事も、その理由理屈が分かれば覚えるのはかなり楽だとになる。

 

逆に、理由理屈が分からないものを覚えるのは

 

苦痛でしかない。

 

 

herb

 

 

 

こんなのもそうだ。

 

 

松江塾の子達は、「考える」のである。