川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「やりたくない時」にやると達成感ハンパないよ

 

人間、誰だってやりたくない時がある。

 

やる気の出ない時があるものだ。

 

しかし、やらなければならない。

 

それも頭では分かってる。

 

でも、やりたくない。

 

 

 

そういう時は視点を変える。

 

もう、結果とかは気にせずに

 

「達成感」

 

だけを考えよう。

 

 

「ふぅ、終わっ…た!!」

 

という達成感って

 

やりたいことを終えた時には感じないんだ。

 

 

そこに「困難」や「苦痛」があればあるほど達成感は大きくなる。

 

 

そう思わない?

 

 

やりたくて楽しむゲーム

 

最終ステージが終わりそうなあの瞬間

 

実際に心の中には「寂しさ」も大きいよね?

 

 

 

大好きな彼氏彼女と遊びに行った帰り道。

 

もうそろそろバイバイの時間。

 

それはそれは悲しい瞬間だろう。

 

 

 

きっとどちらも「達成感」はない。もしくは大きくはない。

 

 

何かしらの負担感

 

困難さ

 

そういうものを感じるものをやり終えた時こそ

 

達成感

 

は得られるのではないか。

 

 

であるならば

 

「あー、やりたくねーなー」

 

と思ったら、それは「達成感」を得られるチャンスということ。

 

何も終わらせる必要はないよ。

 

ただその「やりたくないこと」に取り掛かり、その時にそれを自分の中で言語化して認識。

 

「よし、やりたくないことをやり始めた!」

 

と。

 

それはそのまま「達成感」と引き換えにしたという思い込み。

 

自分の達成感貯金に「チャリン」と蓄積された瞬間だ。

 

 

前から書いているが、勉強で上り詰めていく子達は

 

「達成病」

 

と僕が呼んでいる症状を患っている笑

 

 

達成の喜びを求め続けるという症状ね。

 

こうなればもう、勝ち。

 

 

大事なことだと思うよ。

 

 

 

だって毎日、「うわ、やりたくないなー」って思うことは溢れてるから。

 

 

でしょ?