川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「子供を伸ばす」って何だ?

 

親が子供に求めるもの

親が子供に得て欲しいもの

 

幸せ

満足

充実

達成

希望

 

そういう言葉に含まれる「プラス」の要素を一つでも多く!

 

ということだろう。

 

要は

 

我が子に「伸び」てもらいたいってことよね?

 

じゃあ、「伸びる」ってなんだ?

 

それはね

 

できないことできるようになる

 

ってことなんじゃないかなー

 

別に、オールマイティにどんなことでもできるようにってことじゃなくて

 

その子が「これはできるようになりたい」って思う部分において、ね。

 

塾の先生をやってると、「苦手教科をなくす」というワードにぶつかることはとても多い。

 

確かに受験という節目を考えたら理解はできるんだよ。

 

そうするべきとも思うしね。

 

でも

 

そもそも苦手な教科って、それを得意にしている子達がいるわけで

 

その子達にはどうしたって勝てないからね。

 

 

だったら、その子が伸びるものを

 

だったら、その子が好きなことを

 

それを、柱に伸ばしていくべきだと思うんだよ。

 

 

じゃあ、具体的にどうすれば?って思うよね。

 

 

一番大事なことは

 

「やってみること」だと思う。

 

 

やったことがないことは、伸びるきっかけも可能性もゼロでしょ?

 

バットを持ったことがない子

 

バットを一回握ったことがある子

 

 

どっちが野球が上手くなる可能性が高い?

 

 

 

そういうことよね。

 

 

 

だからまず「やらせてみる」こと。

 

 

僕が授業で「いいから、まずやってごらん」というのもそれが理由。

 

 

まずやってみる。

 

 

できるとか、できないとか

 

そういうことはまだまだ後の話。

 

 

まず触手を一歩前に出す。

 

 

それが子供を伸ばす唯一の秘訣。