川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

学力が低い子の根本原因

 

少なくとも塾に通い、

 

勉強というものに向き合っているのにも関わらず学力が伸びない子。

 

なぜか

 

 

それは

 

「分からない事柄を分からないと自覚する前段階で離脱してしまうから」

 

 

である。

 

 

つまり、

 

その子の中で、その事柄を「認知」していないのだ。

 

 

分かるものだけを分かり、それで良しとする姿勢。

 

だから成長がない。

 

 

勉強のスタート

 

伸びのスタートはこの「自覚」であり、

 

その自覚が「覚悟」につながり

 

じかくを繰り返すことで濁点がつき、「じがく」になる。

 

 

うむ

 

ここで初めて「自学」が登場。

 

 

自覚し、覚悟し、そして自学をする。

 

 

そのさきにあるものこそ

 

 

覚醒

 

 

である。

 

 

 

松江塾の子達が高校でも伸びるのは、

 

 

高校受験までの数年間を使って、この流れを何度も体験する機会に恵まれているからである。

 

 

お気づきだとは思うが

 

 

自覚

覚悟

自学

覚醒

 

 

 

そこには常に自分という主体がある。

 

 

他者がいてはいけないのである。

 

 

 

いや

 

 

他者が踏み込んでいけない時間と領域があるのである。

 

 

 

塾講師

 

 

特に「良い先生」と言われる人たちは総じて

 

 

「教えたがり」

「話したがり」

「やってあげたがり」

 

である。

 

サービス精神と言えば分かりやすいだろうか。

 

 

 

そういう先生は、一度しっかり認識しよう。

 

 

 

「講師が話している時間は、目の前の生徒は1ミリも伸びていない」

 

 

ということを。

 

 

 

自覚も覚悟も自学も生徒自身の宝物である。

 

 

 

僕ら塾講師が奪って良いものでないのだ。