川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

ピークを作らないこと

 

高校受験は通過点

 

の話。

 

いろんなところで聞くこの言葉

 

松江塾はこれをリアルに追求する。

 

松江塾の高校生からわかるだろうが

 

マジで受験というものを無視して通過するから。

 

「いよいよ明日が入試本番!」

 

という空気はどうしても出てしまうが、

 

その数ヶ月前から

 

「今は1学期の中間テスト前3ヶ月!」

 

とか言いまくるからね。

 

高校受験にはどうしたって「最大瞬間風速」みたいなパワーは必要だが、

 

そのパワーは、高校の定期考査や実力テストで好結果を出すためのパワーに比べたら

 

そよ風

 

みたいなものだからね。

 

いや、マジで。

 

 

でもこのことに気づくのは、本人も親も高校入学後なんだよね…。

 

 

中学でトップクラスだったんだから、高校でも当然!って思うでしょ?

 

 

いやいや…

 

 

浦和や大宮、一女はもちろん、川高川女のビリの方の子たちだって

 

中学では「あの子、超!頭良いよね!」って言われてた子達だからね?

 

 

大事なのは、

 

毎日毎日コツコツ勉強することを絶対にやめないこと!

 

 

もう、これしかない!

 

 

 

f:id:goumaji:20220904074500j:image

 

分かる?

 

 

これよ。

 

 

黒い点線が高校入試。

 

 

ほぼ全ての子がそこをピークにして、一気に下降する青い線突入する。

 

 

そりゃそうよね

 

 

でも松江塾の子達は高校入試前から赤い線を意識させられ続けるんだ。

 

だって、そうしないと高校で下位スタート確定だから。

 

 

高校は同じような能力の子達が集まるから、

 

スタートの出遅れはリアル致命傷。

 

 

「多分、うちの子なら大丈夫よね?高校受験でもあれだけ頑張れてたんだし…」

 

 

という思いは、面白いくらい簡単に吹き飛ぶよ。

 

 

浦和高校学年4位
川越高校学年9位
川越高校理系学年2位
川越高校文系学年2位
川越高校理系学年9位
栄東東文学年10位
浦和一女学年26位
市立浦和クラス1位
市立浦和クラス6位
川越女子学年2位
川越女子学年12位
星野Ⅲ類学年1位
星野Ⅲ類学年4位
川越東学年19位
山村学園理系学年8位
山村学園文系クラス5位

 

 

なーんで松江塾の高校生がこれだけの結果を出すと思う?

 

 

 

そういう結果を出すには、そういう結果を出すように生徒自身が意識し、行動しないと無理。

 

 

これはもう、本当に絶対に無理。

 

 

そのための意識付けを高校入試直前でもしまくる!

 

 

「ああん?来週高校入試だとぅ?そんなもの知るか!1学期の考査まであと2ヶ月しかないんじゃぁ!ボケェ!!」

 

と吠えまくる。

 

 

吠えまくらないとトップ校であの結果は出ないから。