川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

学歴じゃ契約取れませんよって話

 

親はね、子供の将来の幸せを願って「学」をつけさせようと頑張る。

 

それが世に出る時に「みかん箱一つ分」になるってことがよく分かってるからね。

 

僕もこの「みかん箱一つ分」というフレーズを親によく言われたものだが

 

ある程度大人になって、この言葉の意味がよく分かったよ。

 

学歴はマジで「みかん箱一つ分」程度なのよね。

 

40センチくらいの高さしかない。

 

なんなら、ジャンプすれば同じ高さになってしまうような

 

そんなもんなんだよ。

 

学歴引っ提げて入社して、その学歴掲げたら新規の契約取れる?

 

理系なら新たな開発ができる?

 

違うよね

 

社会に出てからどれだけ能動的に動き、それをコツコツと続けられるか、だよね?

 

高学歴の子が就活で持て囃されるのは、

 

その「能動力」と「習慣力」があるからこそ勉強で花開いたと推測できるからよね?

 

であれば、その通りにその力を身につけないといけないよね?

 

見かけだけの学歴で、中の力が弱かったらどうなる?

 

文字通り、「見掛け倒し」だよね。

 

それほど辛いことってないと思うんだよ。

 

きっとプライドは高いはずなのに「使えない」ってレッテル貼られるんだから。

 

だからね

 

学歴は自身の「能動力」と「習慣力」に見合うものじゃないといけないわけさ。

 

さあ、親達

 

そのことをしっかりと頭の中に刻みつけよう。

 

大切な我が子だ。

 

 

「見掛け倒しの使えないやつ」

 

にしてしまわないように。

 

 

目はかけるけど、手を出しすぎないように。

 

 

木に上に立って見つめること。

 

 

親として、一番大切なことだと思う。