川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

なぜ松江っ子はトップ校のトップになれるのか

 

川高川女学年1位

 

現在在籍している松江っ子高校生が両校のトップを取った。

 

もちろん、常に毎回1位ということはない。

 

しかし、大体いつもトップ5には常駐している。

 

そしてこの位置にいるのは複数人いる。

 

なぜ「放置されるよ」と噂される松江っ子が

 

こういう結果を出せるのか

 

何度も同じようなことを書いているが、このブログは僕の脳内垂れ流し。

 

だから気にせず同じことを書く。

 

それだけ大事なことだから、いつも同じことを考えてるってことよね。

 

 

近年、「教えすぎない指導」「自分で考えさせる指導」というものが増えているよね。

 

難問に対して、ヒントだけ与えるとか

 

そういう指導法だと思っている人もいるだろうが

 

松江塾の指導は少し違う。

 

塾生なら分かると思うが、松江塾は超速先取りをして、その後は何をやるかというと

 

基礎の反復

 

である。

 

難問や入試過去問は僕らはほぼ手を出さない。

 

「勝手にやってね」

 

というスタンス。

 

基礎をね

 

これでもかっ!!

 

と反復していると、生徒達はそのうち気づくんだよ。

 

あれ?難問もできそうだな…と。

 

この時をひたすら待つ。

 

基礎を反復しながらね。

 

トップ校を目指す子にはそういう問題を指導したほうがいいと思うでしょ?

 

違うんだよ

 

基礎を繰り返すことで、その子自身の中から「焦り」と「欲」が出るのを待つんだ。

 

勉強における基礎事項の定着は、運動で言うなら「体力」と「持久力」みたいなものだ。

 

これを日々繰り返すとね

 

難問にも挑める力がつくし、

 

長時間勉強することもできるようになるんだよね。

 

そして受験が近づいて来れば、自ずと自分自身で焦り、行動できるようになる。

 

その結果として、

 

バキバキに自分で取り組める子になるって流れ。

 

分かる?

 

信じきれない?

 

 

でも、それで松江っ子達は結果出してるわけだし…。