川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

指導の本質はどこに置くべきか

 

昨日の中2は、入試長文の小問を3題やった。

 

3題合わせてA 3用紙一枚分だけの問題。

 

問いも全部で3題だ。

 

時間は10分

 

ほとんどの子が満点だった。

 

その後、解説。

 

松江塾の指導で気をつけていることは「基礎基本の徹底理解」である。

 

定着ではなく、理解だ。

 

「あー、なるほどね!」

 

この瞬間をいかに積み重ねていくか。

 

ここが松江塾の指導の本質と言っても過言ではない。

 

プリントの鬼反復で定着はできる。

 

実際、そういう指導で塾生の点数をガシガシ上げている塾もある。

 

それはそれ。

 

かつての松江塾もそうだった。

 

その鬼反復の中で本質にたどり着ける子もいたしね。

 

しかし、今は違う。

 

基本的に見えるその文の中に、どれだけ太い知識が存在しているのか

 

そこに着目し、ゆっくり味わっていく。

 

分かっていると思い込んでいた知識が、

 

実は単に覚えているだけだった、なんてことはザラにあるのである。

 

そこをほじくりまくるから、昨日はだった6行くらいしか解説ができなかった笑

 

 

まあ、これで良いんだ。

 

 

何せ毎日授業があるんだから。