川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

国語の解説授業で伸びない理由

 

ここ最近毎日国語長文をやっていて、

 

昨日は長めに解説授業をしてみた。

 

前からずっと感じているのだが、

 

塾、特に小中学生対象の塾で行われている国語の授業では

 

生徒達の国語力は伸びない。

 

特に問題を解いてもらった後の解説授業は、ほぼ無意味に近い。

 

なぜなら、講師の行う解説授業は

 

本文をしっかり読んで理解出来たことが前提となっているから

 

である。

 

しかし、小中学生は同じ文章を読んでもその理解度はバラバラもバラバラなのだ。

 

語彙力も差があるし、

 

書かれている内容にシンクロするための経験量も違うからね。

 

例えば昨日の文章で出てきた「筆跡」という言葉。

 

読めない子もいるし、仮に読めたとしてもその意味を説明するために提示した「筆跡鑑定って言葉とか、ドラマで見たことない?」なんて言葉も、全くヒットできない子もいるんだよね。

 

この段階で「文の論理的繋がり」とかを解説してもね、チンプンカンプンな子がいるってことよ。

 

さーて

 

さてさて

 

 

松江塾、英語はもう大丈夫。

 

この先も英語は確実に武器にしてくれる生徒が圧倒的多数派だ。

 

 

ここからは国語が激強の塾にしていくよ。

 

 

みんなが躓くところにスポットを当てるように気付けるのが僕の強み。

 

今日も国語!だ。