川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「理想のその日」まで、あと2年ちょい

 

 

 

 

僕には今、壮大な妄想がある。

 

この妄想、チラッと考えるだけで速攻で大泣きできる内容である。

 

松江塾には高校部があって、中学部を終えた子達は3年間完全無料。

 

各学年、保護者も生徒も全員が入っているLINEグループがあり、

 

それは高校生になっても継続。

 

今年の高3、高2は生徒だけのグループはあるが、やはりそこに保護者の方の参加がないと効果が薄い。

 

今からその仕組みを作ることは難しいしね。

 

さて

 

今から2年ちょい経過すると何が起きるか。

 

 

高校部の3学年、学年LINEグループが完成する。

 

今の高1が高3になった時、

 

今と同じように毎日の勉強時間報告は続いているだろう。

 

そして、毎日の音読提出も…。

 

 

 

でも、その「毎日」には必ず「終わりの日」がくる。

 

 

あー

 

 

あかん

 

 

 

泣く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国立二次試験の前日。

 

 

 

 

「毎日」の最後の最後の日。

 

 

 

 

僕がその子の音読ファイルを開く。

 

 

 

 

しばしの無言

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

そっと音読が始まる。

 

 

 

いつものように。

 

 

 

これまで何年間も聞いてきた声だ。

 

 

 

 

 

英語か、古文か、現代文か、世界史か、日本史か

 

 

 

それは分からないが、数分間の音読はいつものように続く。

 

 

 

そして音読が終わる。

 

 

しかし、音読ファイルにはもう少し残り時間がある。

 

 

 

ん?

 

 

 

そう思ってそのまま聞いていると

 

 

 

 

「…先生、これで毎日音読は最終日です。いよいよ明日が本番です。全力で挑んできます!」

 

 

そんなメッセージ。

 

 

面と向かってはなかなか言えないだろうが、数年間続けてきた毎日音読に乗せてなら言える。

 

 

 

 

 

 

 

「毎日」の最後の日

 

 

 

 

 

その日は必ずやってくる。

 

 

 

 

 

今小学生の子なら、それこそ10年間以上続くだろう。

 

 

 

 

毎日、毎日、毎日

 

 

ずっと当たり前にやってきたことにも「最後の日」はくる。

 

 

 

 

 

壮大な妄想だが、確実に現実になる。

 

 

 

あー、

 

 

 

あかん