川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

僕のやる気の出し方

 

僕は、基本的にやる気がない。

 

 

嘘だと思われるかもしれないが

 

基本、やる気がない人間なのだ。

 

しかし

 

なんだかんだでやれている。

 

それを見て、人は「やる気に溢れた人なんでしょ?」

 

と思うのだろう。

 

しかし

 

やる気がないのだ。

 

 

まあ、こんなことを書いている今は、やる気のどん底にいるわけで笑

 

原因なんてないよ

 

いつものことだから。

 

 

 

ただ、僕は結果的にやる。

 

帳尻を合わせる。

 

 

なぜ結果的にやれてるのか

 

 

 

それはね

 

 

「やる気の出し方」、もしくは「結果的にやれる」ための方法が自分の中で確立されてるからなんだよね。

 

 

シンプルに書くと

 

①とりあえず始めてみる

 

まずはこれね。

 

最終的にやらなければならないことは決まっているので、

 

やる気があろうがなかろうが、まずやり始めてみるんだ。

 

僕の日常はルーティーンのみで固められているから、やり始めたらサクサク進む。

 

サクサク進めているうちに、仕事はどんどん完成に向けて動き出すわけで、

 

それを認識しながらやっていると、いつしかいわゆる「やる気に満ち溢れた状態」になるんだよね。

 

まあ、そのスタートまでがうだうだするんだけどね笑

 

 

②やらない

 

そう笑

 

これね。

 

「今は」やらない、ということね。

 

つまり最後の最後で必ず追い込まれることは分かっていて、

 

追い込まれて「ヤバい!!」という状況の力が働くまで寝かせておくわけよ。

 

追い込まれた時の集中力の凄さは自覚してるからね。

 

この2つのどちらかを僕は毎日繰り返してるんだ。

 

割合としては

 

①7割

②3割

 

こんな感じかな。

 

①は、終わった時に実に爽快な気分になる。

 

でも、②はホッとするだけ。

 

ヒヤヒヤから解放されるだけだから、爽快感はないんだよね。

 

 

ただね、ミスが多いのは①の時

 

心の余裕がミスを生むんだろうね。

 

さて…

 

今日の僕はどちらを選択するのだろうか。