川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

この図の説明

 

f:id:goumaji:20210304203516j:image

 

まず、横軸は偏差値

 

縦軸は人数。

 

上の図の偏差値は中学生にとっての偏差値。

 

下の図の偏差値は高校生にとっての偏差値だ。

 

 

上の図の大きな山は、公立中学校に通う子達の分布。

 

右端の方にある小さな山は、中高一貫校に通う子達の分布だ。

 

そこに、下にある高校生の偏差値や大学分布を表した山を重ねてある、ということね。

 

まず、公立中学の子達は

 

偏差値50以上の子達の大部分がどこかしらの大学に進学するが

 

大学受験の偏差値に換算すると、

 

偏差値50前後の高校が偏差値25ということになる。

 

あくまでも単純化すると、って話ね。

 

そこから考えていくと、

 

大学受験の偏差値「50」というのは、

 

大学を目指す子達の中だけの「真ん中」を意味するわけだから、

 

高校受験の偏差値で考えると

 

61前後

 

ってことになるんだよね。

 

日本で一番東大合格者の多い開成でも4割が受からずに浪人ってことを考えると

 

図に書いたように上の方は限りなく上、

 

 

とてもじゃないが、高校受験の偏差値では測れないレベルになるってことだ。

 

先日、川高生でもGMARCHにバシバシ落ちるっていうのも

 

分かるよね?

 

川高に進学する子達は偏差値70前後だ。

 

そのまま大学の偏差値に換算すると

 

成蹊大学

成城大学

明治学院大学

武蔵大学

 

このあたりになるわけだ。

 

つまり

 

GMARCHは入学時のレベルよりも遥か上。

 

だから、相当頑張らないと無理って話ね。