川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

切り替える力、前を見る力

 

共通テスト直前だ。

 

今、大学受験生は「共通テストで結果を出す!」ということに

 

意識の大半が向けられている頃だろう。

 

僕の息子、ゲラおは

 

今大学1年生だ。

 

去年、大学受験において

 

センター試験で大失敗

 

をした。

 

本人は「まあ、二次でなんとかなるんじゃね?」とは言っていたが

 

点数を見る限り、大失敗も大失敗である。

 

ちなみに、一橋大学

 

ネットの情報では

 

センター試験の平均得点率は

 

82%〜85%は欲しいレベルだ。

 

900点満点で

 

738点〜765点あたり。

 

これは「最低でも」欲しいレベルであり、高ければ高いほど

 

二次の得点に上乗せされる点数は大きくなる。

 

さて

 

ゲラお

 

センターから送られてきた結果は

 

705点!!!!

 

 

まさかの78%!!!

 

 

明治大学のセンター利用入試も

 

余裕で落ちたレベルだ。

 

 

普通に考えて、一橋大学は回避して別の大学に出願する子もいるレベルの点数だが

 

ゲラおは

 

「まあ、なんとかなんじゃね?」

 

と不安のかけらもなく。

 

結果、最終的には合格最低点を30点くらい超えて合格。

 

 

 

何が言いたいか。

 

 

共通テストから二次試験までは

 

1ヶ月以上あるんだ。

 

 

例えばだけど

 

1ヶ月間、朝起きてから夜寝るまで

 

ずーっと腕立て伏せをしたとしよう。

 

 

ずーっとだ。

 

 

どれだけ筋肉つく?

 

どれだけバキバキになる?

 

 

1ヶ月という時間は

 

数点、数十点の失敗なんて

 

絶対に軽く取り戻せるってことだ。

 

 

いいか?

 

 

失敗したらどうしよう・・・

 

 

じゃなくて

 

失敗しようが上手くいこうが

 

終わったら二次の前日まで

 

ずーっと腕立て伏せして鍛えるぜ!

 

 

その心持ちが大事。

 

 

分かるね?