川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

フレーズで覚える「落とし穴」

 

 

 

 

「元気ですか?」

 

って英語でなんて言う?

 

そう聞くと

 

「How are you? です!」

 

と答えられる。

 

この子が

 

「彼は元気ですか?」

 

という文を英語にする問題を解くと、

 

「How are you he?」

 

と書く。

 

これ、フレーズ暗記の弊害ね。

 

極端な例だと思うでしょ?

 

でも実はそうでもないんだ。

 

 

 

「由美と真里では、どちらが早く走れますか」

 

なんていう文も

 

「Who can run faster than, Yumi or Mari?」

 

なんて書いてしまったり。

 

faster than 

 

が一つの固まりとして頭に入ってるんだろうね。

 

その単語一つが

 

どういう意味で、どういった使い方をするものなのか

 

そういう「細部」の理由や理屈をしっかり説明し、反復していくと

 

「読んで聞いて慣れる」

 

という言語学習に、「理解する」「納得する」「腑に落ちる」という要素が加わる。

 

そうなってくると英語学習は楽しくなるんだと思う。

 

 

単に覚えるだけだと、つまらなくない?