川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「自学」という科目があるイメージ

 

松江塾で身につけることができる「自学力」

 

とは、

 

一体どのようなものなのか。

 

言語化できるかな

 

やってみよう。

 

 

 

まず、「自学」というもの

 

それ自体はできない子はいない。

 

テストに向けて

 

ちょっと机に向かって

 

何となく1時間やり切る。

 

これは、立派な自学である。

 

しかし

 

松江式自学

 

というものは、

 

それとは少し違うのである。

 

 

普通の自学は

 

国語

数学

英語

理科

社会

 

その知識を積み重ね、

 

得点力を増すための手段として行われるものである。

 

つまり、当の本人は「自学できている」ということには意識を向けることはない。

 

筋力のことをまったく意識せずに、速く走る練習をしているイメージである。

 

足の運び

 

フォーム

 

スタートの反応速度

 

目線

 

そういったものに焦点を当てて

 

コツコツと練習していく。

 

松江式自学というものは、

 

そういった体の動きを支えているもの

 

つまり、筋肉

 

そこに意識を当てる。

 

足を運んでいるのは筋肉

 

フォームをキープするのは筋肉

 

筋肉がアップすれば

 

それらの成果は格段に増す。

 

 

 

普通に練習を反復することで

 

タイムは短くなる。

 

しかし

 

その根本的な要因である「筋肉の増強」を

 

もっともっと意識させるのだ。

 

その結果、

 

今度はその筋肉自体を鍛える練習も追加される。

 

まさにそのイメージだ。

 

つまり

 

自学

国語

数学

英語

理科

社会

 

というように、「6科目」ある感覚だ。

 

数学を勉強しながら

 

同時に自学力も鍛えていく。

 

 

まあ、ここまで書くと

 

「当たり前ではないか」

 

と思われるだろう。

 

 

しかし、

 

「当たり前のその先」に

 

 

松江式自学の真髄がある。

 

 

 

 

これは

 

 

企業秘密♫