学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

リアルに「人生」を感じられて良かった

昨日は荒れ狂う台風を感じながら

 

リアルに自分の人生というものを考えた。

 

さすがに命の危険までは想像できなかったけど

 

何か大きなものを失う可能性まではリアルに想像できた。

 

でもね

 

想像してみた時に

 

「でも、塾があるから大丈夫。旧C館にしばらく住めるし、川越温泉近くにあるし」

 

って考えたんだよね。

 

さらに塾まで流されたりして無くなったら?

 

んー

 

でもね

 

僕はペン一本あれば生きていける

 

そう思えたんだよね。

 

学びたがってる子は

 

世の中に大勢いるわけだし

 

多分僕の授業を3分見てもらえれば

 

雇ってくれる人もいるはずだし。

 

なんなら家庭教師を掛け持ちしてもいいだろうし。

 

そういう「全てを失ってからどうした?」みたいなことを書きまくるブロガーになっても

 

そこそこ生きていけるだろうし。

 

で、そこから我が子らや塾生に思考は移っていき

 

結局、いつからでも、どんな状況になっても

 

生きていける子

 

そういう子になってくれたらいいよねって。

 

例えば一流大学から一流企業に勤めても

 

その企業が無くなったら?

 

その企業をリストラされたら?

 

そもそも、その企業の必要性がなくなった世の中になったら?

 

本当に「ゼロ」になった時

 

それでも生きていける「何か」を持てるかどうか。

 

多分、誰かの力で手に入れさせてもらった「学歴」だけじゃダメなんだと思う。

 

自らの意志と行動で掴み取る

 

その能動性!意欲!

 

そういうものを、受験勉強を通して得て、その結果として学歴を手に入れた子は

 

「◯◯大学出ました」

 

じゃなくて

 

「僕に考えがあります。やってみませんか?」

 

って言えると思うんだよね。

 

なんかまとまらないけどさ

 

台風の中で、そんなことを考えたって話。

 

人生や子育てって

 

本当に最適解がないよねー

 

だから

 

楽しいんだけどね。

 

さー

 

家の周りの片付けも終わったし

 

通常通りの日常が始まるな

 

 

っと思ったら

 

埼京線が止まってて

 

まだ家に

 

ゲラおとなし子がいる。

 

午後登校になったなし子は

 

全力で

 

一生懸命

 

爆睡してる!

 

f:id:goumaji:20190909100338j:image

昨日は「明日の朝、早く起きて勉強するわっ!キリっ!」

 

そう言って2階に上がっていったんだけども笑

 

あいつ、午後登校じゃなくて

 

午後起床だな。