学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

英単語帳は何がいいですか?

高校生から質問を受けることがある。

どの単語帳で勉強するのが一番良いのか。

大学受験を経験した人なら、誰しも「自分の一冊」が記憶に残っていると思う。

僕は当時、「ターゲット1900」だった。

学校で配布された記憶がある。

今はどの高校でも1年の最初に配るみたいだね。

松江塾の高校部にはいろんな高校の子がいて、

おそらくみんなで情報交換とかするんだろうね。

川高とか浦高の英単語帳を使わないと

難関大には受からないんじゃないか?

そう思うのかもしれないね。

でもね

僕は「何でもいい」と思うよ。

まず言っておきたい。

「どれがいいのか」って考えちゃう子

その時点で、持ってる単語帳と真剣に向き合ってないでしょ?

英単語帳に限らず

「何をどう勉強したらいいのか」

って考える子は伸びない。

だって、受験までの残り時間は限られてるでしょ?

今目の前の1分1秒は合格に少しでも近づくために使うべきじゃない?

「どの単語帳がいいのかなー、ネットの評価でも調べてみるか」

そんなことを考えて、10分無駄にするなら

単語帳の1ページでも目を通した方が合格の可能性は上がると思わない?

受験生が陥りやすい落とし穴だから

よくよく肝に銘じてほしい。

参考書や問題集の種類とか

何をどのように勉強したらよいかとか

そういうことは、一心不乱に勉強を頑張っている中で見えてくるものなんだよ。

まずは何でもいいからガムシャラにやってみないと。


で、いろいろ迷ってる子が、とりあえずネットで一番評価の高い単語帳を買ったとするでしょ?

で、最初はいい感じで進むんだけど

学校でやたらと英語の点数がいい友達が別の単語帳を使ってる!なんて情報を得ると

また悩み出す笑

結局、そういう子は一冊も完璧に出来ないで終わるんだよ。

だからね

単語帳は何でもいいよ。

とりあえず、学校でもらったやつを完璧にしてごらん。

ボロッボロになるまでやり込んでみなよ。

目を閉じればどのページも鮮やかに映像として浮かぶくらいに。

まず、やること!

それが大事だと思うよ。