川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

そうか

 

ふむふむ

 

高1の音読課題が、中学生と同じように「学校の教材から自分で判断して決定」に変わった。

 

読むところの画像つきで。

 

それを見たり聞いたりしていて思う。

 

中2の冬に中学英語を終える松江塾

 

その後すぐに入試問題に取り組むことになるが、

 

それを入試まで継続するのはキツい。

 

問題の正解、不正解は繰り返されるが

 

長文の難易度的に「飽きる」んだよね。

 

特に公立高校の問題は。

 

だから、中3の夏は高校の教科書に入ってしまうのはどうだろう…。

 

単語や熟語は増えるし、

 

音読もそれにシフトしてしまえば、高校入試の英文は超簡単に感じるだろうし。

 

なんなら都内私立や付属校にも余裕で対応できるようになるし…

 

それに何よりも「勉強の本戦の予習」になるわけだよね。

 

進学先の最大派閥、川高川女で使用されている教科書を使って…。

 

 

うわ

 

 

モニョった♫