川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

川越にある松江塾!代表真島による何でもブログ!

【土台の構築】小5小6の2年間、全く同じことを学ぶ理由とは

 

松江塾の文系、その英語授業は小5と小6で全く同じことを学ぶようになっている。

 

つまり

 

小5の3月にアルファベットをゆっくり学び、

 

これは本当にビビるくらいゆっくり学び、そして納豆フォニックスに入る。

 

 

これもかなーりゆっくりと。

 

たくさんゲームしながら。

 

そしてそこから納豆英文法へ。

 

ここまでに約4ヶ月かける。

 

そして1学期のランキングテストが終わったら本格的な文法や英文に入り、

 

小5の1年間で中1内容をひと通りしっかり学ぶ。

 

そして小6になる。

 

3月

 

またアルファベットからやる。

 

これは、このタイミングで新しく入る子がいるという理由もあるが

 

小5でやった内容が実はしっかりと定着していない子が多いためだ。

 

あのね

 

子供の脳みそを舐めちゃいけないよ

 

だって、目の前でやってる授業がどれほど自分の学力を左右するかなんて

 

大人からすれば「ここが命!」と認識できるものも華麗にスルーするからね

 

だからまーた小6で全く同じことを学ぶ。

 

これは1ミリも嘘じゃないよ

 

塾生とその保護者から分かるよね?

 

毎日シリーズ、全く同じだものね。

 

そしてまた小6の1年間で中1内容をひと通り学び終える。

 

そして中1になる

 

もう想像つくよね?

 

まーたアルファベットからだ。

 

もういいよ!!

 

とかツッコミ入りそうだけど、またやる。

 

だって、中1から入ってくる子達が一番多いんだから。

 

小学校の授業で「英語って、なんだかやってはきたけれど、勉強科目として体系化されてないし、よく分からん」ってなってる子がめちゃくちゃ多いのよ。

 

その子達に、キッチリ最初から教える。

 

ABCから。

 

でもね、中1は小5小6の英語授業の5倍の日数が組まれている。

 

たから1年間かけて学んだ中1内容が、理論上は2ヶ月とちょっとで終わる。

 

でも、実際には4ヶ月とちょいだけ時間をかけるんだ。

 

それだけ中1内容が土台ってことなのよ。

 

こうして2年と4ヶ月という時間をかけて

 

小5の最初から在籍している子は合計3回

 

中1内容を学ぶことになる。

 

何事も土台が大事  

 

基礎基本が大切

 

それは事実だし、真実。

 

だから愚直にそれを徹底してるだけ。