川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「私の母は納豆に食べられる」とホラー的な文を書く子

 

いよいよ中2単元の最終章だ

 

ここをある程度吸収すると、取り組める和文英訳の幅がかなり広がる。

 

受動態の肝は、

 

その動作をしている状況を

 

○○は○○する

○○は○○される

 

と、2つの立ち位置から日本語で表す感覚に慣れることだと思う。

 

 

例えば

 

 

「私の母は納豆を食べる」

 

という文、これを「○○される」という文に書きかけてごらん、と言うと

 

冗談抜きで

 

「私の母は納豆に食べられる」

 

と書く子がいるのである。

 

 

何それホラーじゃん笑

 

もしくはある程度説明が進んだ時に

 

「納豆が私の母によって食べられる」

 

を能動態に変えると…

 

 

 

 

 

「納豆は私の母を食べる」

 

 

とかね笑

 

 

これね、日本語だと「そんなバカな」って思うよね?

 

 

でも、英語になるとかなりいるからね。

 

 

結局、英語だけを見て動詞の一部分を機械的に変える習慣がついてると

 

それを間違えだと気づかないんだよ。

 

 

eat

 

の部分を

 

is eaten

 

に変えれば正解!だと思いこみがちだから。

 

日本人は日本語で思考するんだから、

 

日本語で「○○する」「○○される」をたっぷりと考えることが大事なのよ。