川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

英語スピーキングテストについて

 

僕のブログは毎月150万pv

 

おそらく日本で一番多く読まれている塾ブログだと思う。

 

そこに書くことには、そこそこの「力」を持っていることも事実であろう。

 

だからこそ、言いたい。

 

都立の英語スピーキングテスト

 

これはやめるべきだ。

 

スピーキング自体は英語学習の中で当然重要なのは間違いない。

 

しっかりと日々の指導の中で行われるべきであろう。

 

しかし

 

合否を決める試験のコンテンツとしては公平性に欠ける

 

どう考えてもそう言わざるを得ない

 

明らかにうまい、明らかに下手

 

という両極端はかなりの確信を持って反対できるが、

 

中間層になればなるほど、その判定は曖昧になるのではないか?

 

あなたは自分の日本語のスピーキングテストで

 

高得点取る自信ある?

 

というか、判定されてどう思う?

 

 

ちょっと方言が入ってたり、独特なアクセントだったり。

 

そういうのって、どう判定されるの?

 

 

とか。

 

 

もうさ、グレーゾーンだらけだよね?

 

 

繰り返すけど、スピーキングが指導として行われるのは大賛成。

 

 

でも

 

 

合否判定に使われるのは

 

 

どう考えても無理じゃないか?

 

 

 

と思う。

 

 

 

さあ、この思い

 

 

150万pv

 

に乗っていけ!