川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

時間は有限で、その内訳を決めているのは自分

 

勉強の出来不出来は、勉強に費やした時間と、その中でどれだけ濃密に取り組めたかに比例する。

 

つまり、まずはどうしたって「時間」をかけることが不可欠になってくるんだ。

 

例えば部活や習い事

 

そこに時間を割くのなら、

 

もうその時点でスタートラインを1メートル、2メートルと下げていることを自覚しないといけない。

 

どんなに望んでも、スタートラインが5メートルも後ろなら、

 

ライバルよりも早くゴールテープを切ることはかなり厳しいだろうね。

 

だから必ず「天秤」にかけること。

 

勉強で手にしたいもの

 

と、

 

その勉強以外の習い事で手にしたいもの

 

 

言い方はキツイかもしれないけどね

 

 

「これまで続けて来たから辞めるのは勿体無い」

 

 

とか、そういうふわっとした理由で、

 

勉強という競争のスタートラインを数メートル下げて良いのか?ってこと。

 

 

親も子も、そこはしっかりと考えることが大事なんじゃないかな。

 

 

もちろんね、頑張る子は全部頑張るわけで

 

その内訳の割り振りを覚悟して、濃密な時間を過ごせれば問題ないんだけどね。