川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

小学生は夕方に賢くなる

 

我が子らの子育てを通し、

 

2人がいつ賢くなった考えた。

 

朝は戦場。

 

登校班の集合時間に間に合わせないといけないからね。

 

もうバタバタよね。

 

で、学校から帰ってくるのは夕方前。

 

4時くらい。

 

そこから習い事だったり、友達と遊んだり塾だったり。

 

そして夕飯。

 

そこから就寝タイムに向けて「各家庭の教育力」にガッツリ左右される時間が始まる。

 

我が家の場合はここに「天使の管理タイム」がガッツリ入った。

 

プレを担当している我が天使がよく言う言葉、

 

「地頭は良いけど、あまり家で勉強させられてない。もったいない。」

 

自分がガッツリ勉強させていたから、どうにも歯痒いらしい。

 

本来、勉強への適性が高くても

 

その能力を伸ばせないのは「もったいない」のである。

 

そこに松江塾の「小学生自学日」をはめる。

 

もう15年以上このブログを書いていて、その中で何回も何回も同じことを書いているが

 

夕方の時間を無駄にしている家庭は多いんだ。

 

共働き家庭は特にね。

 

これまで、小学生の習い事の多さに遠慮していた松江塾。

 

しかし

 

その習い事と勉強

 

子供の人生においてどっちがメインたりえるか。

 

我が家も習い事はたくさんやらせてきた。

 

 

サッカー

バスケ

スイミング

習字

チア

 

 

それぞれにおいて記憶はある。

 

家族として充実した時間も過ごせた。

 

しかし子供達が21歳と19歳になった今、

 

勉強時間を削ってまでやらせていたらどうだった?

 

と問われたとしたら

 

「とんでもない話だ」

 

と答えるだろう。

 

 

だから、松江塾は塾として

 

勉強第一!

 

というスタンスでいく。

 

だって、子供達は「勉強の能力」で階層化された道を歩いていくんだから。

 

 

そして、その勉強の能力は勉強をすることでしか伸びていかないんだから。