川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

意地でも貫く

 

毎日シリーズを始めてから、もう何人退塾しただろう。

 

両手じゃ数えきれないくらいだろうか。

 

もちろん、それを超える頑張る子達が入塾してくれているから心のバランスは保てているが…。

 

 

 

 

高校では、毎日頑張る子だけが上に行く。

 

これは絶対ルールであり、例外はない。

 

 

スポーツや音楽の世界でも、これは同じ。

 

 

とにかく毎日。

 

 

毎日積み上げる知識が大事なんじゃなくて、

 

 

毎日やる

 

 

という行動を継続できること自体が大事なんだ。

 

 

これがキツいと感じるのなら、

 

 

松江塾は合わない。

 

 

 

どーぞ、毎日やらずに、ちょろっとテスト前に教えてもらって高校に合格すればいいと思う。

 

 

その先は言うまでもなく結果は見えているけども。

 

 

松江塾高校部には今、各トップ高の上位10%以内の子が3学年合わせて10人以上いる。

 

その子達は、もちろん毎日コツコツ。

 

当たり前のようにコツコツ。

 

きっと難関大の扉をこじ開けるだろう。

 

そしてその先の人生も輝いていくんだろう。

 

 

毎日コツコツ

 

 

 

 

いいか

 

 

 

小学校、中学校の勉強で上位にいることにはあまり大きな意味はない。

 

特に公立であれば。

 

 

少し勉強が得意で、

 

少し負けず嫌いであれば

 

 

そこそこ上の方にいることは難しいことではないからだ。

 

 

一夜漬けで楽々乗り切るやつだっている世界なんだから。

 

 

しかし

 

 

高校では違うんだ。

 

 

無理なんだよ、それじゃ。

 

 

嫌というほど見てきたよ?

 

 

中学時代、要領よく上位だった子が高校で転落していく姿を

 

 

逆に、毎日毎日コツコツ積み上げて高校に入っていった子が、がっつりトップ層に君臨する姿も。

 

 

 

小中学時代、何が大事か。

 

 

 

もう見えすぎるほど見えているから

 

 

僕は意地でも貫くよ。

 

 

 

毎日コツコツやってる奴が必ず勝つんだ。

 

 

 

 

親も

 

 

子も

 

 

 

やらない子供に毎日コツコツ言い続ける。

 

 

諦めない。

 

 

絶対に諦めない。

 

 

 

親が諦めたら、その子は終わりだから。

 

 

 

どんなにシカトされても、コツコツ、コツコツ。

 

 

 

 

キレたら終わり。

 

 

 

諦めたら終わり。

 

 

 

 

最後まで貫いた親が、そして、子が勝つ。

 

 

 

勉強でも

 

 

スポーツでも

 

 

音楽でも。