川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

百聞は一見にしかず

 

 

塾の授業はブラックボックス

 

親として見ることができるのは、子供のノートやテキストの進み具合、

 

あとは子供からの話。

 

先生との面談は学期ごとに年3回?定期テストのたびに年5回?

 

ふむ…

 

子育てが趣味であり、子供の成長が夫婦の会話の90%を占めている真島夫婦からすれば、

 

このブラックボックスに耐えられないだろう。

 

今日、どんな授業だったのか

 

休み時間の雰囲気はどうなのか

 

今この瞬間、我が子はどんな授業を受けているのか

 

良い空気の中で授業が行われているのか

 

我が子がしっかり成長できるような授業がなされているのか

 

今この瞬間、どうなんだ?

 

 

 

ふむ

 

僕ら夫婦は子供のサッカーやバスケなど、試合だけでなく練習の時もほとんど見に行っていた。

 

頑張る子供の姿を見たいだけではなく、

 

「その練習に意味があるのか」

 

「その言葉の本心は何か」

 

我が子に降り注ぐ時間の全てに興味があったからだ。

 

それを見ながら夫婦でぺちゃくちゃ。

 

 

 

もし僕が塾経営者ではなく、でも子供の教育に関して今と同じような意識があったとしたら

 

休み時間も含めて塾での時間全てをリアルタイムに見ることができる環境は

 

喉から手が出るほど欲しい!と思うだろう。

 

 

百聞は一見にしかず

 

 

これが塾のスタンダードになれば良いと思っている。

 

 

小学校も中学校もね。

 

 

 

そしたらパワハラ教師やセクハラ教師ももいなくなるんじゃない?