川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

道具は熟練の域にいけ!

 

プレの課題は今日が最終日だ。

 

お題は「九九の百ます計算

 

初日に3分台だった小3が毎日やることで6日目に1分台へ

 

初日に4分大丈夫だった小2が2分大丈夫に

 

初日は7分台だった小1が3分大丈夫へ。

 

子供達の成長は速くて確実だ。

 

学校で九九を習うのは小2。

 

しかし、それを待っている理由など何一つないのだ。

 

読み

書き

算盤

 

これらは学びの中では「道具」である。

 

これが出来ることが教育の目的ではなく、手段である。

 

これらの動画を使えるだけではなく、使いこなせなくてはならない。

 

何の意識もせずにね。

 

 

サッカーで言うなら、トラップやパスみたいなものだろうか。

 

野球で言うならキャッチボール?

 

バスケならドリブルだね。

 

そこに意識を向けてやっているようではダメなんだ。

 

目の前には敵がいて、自分のボールを取ろうとしている。

 

どこにバスを出せばいいのか

 

誰がフリーなのか

 

スペースはどこか

 

足元にボールを置きながら、目と意識は相手や味方の選手に向けていかないと。

 

文字を読む

文字を書く

計算をする

 

それらはもう、思考するための前提条件なのだ。

 

そこを鍛えるのは、

 

早く始めるに越したことはないのだ。